国際生物五輪で金賞受賞

  • 2016.07.24 Sunday
  • 18:22

7月17日の「国際物理五輪で金賞受賞」の投稿に続き、国際生物五輪でも金1個、銀3個を日本の高校生が受賞しました。

 

今回の受賞者が在籍している高校は、金賞が宮崎県立宮崎西高校2年生、銀賞が灘高校1年生、立命館慶祥高2年生、桜蔭高校3年生です。すべてが中高一貫校であり、東大等難関国立大学に多数の合格者を出しています。高校生の国際科学五輪で金銀銅を受賞することがどのようなことかはわかりませんし、受賞にはさまざまな要因があるでしょう。しかし、結果的に現行の大学入試で超難関大に多数の合格者が出ている高校の生徒しか受賞していない事実をよく分析してみることは、これからの科学教育を考えるうえで大切なことではないでしょうか。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM